仮にがんに罹患しても、緩和型医療保険であれば、加入可能となっています。

ガン保険を考えてみた〜今備えておきたい医療保険〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

罹患後の場合

生命保険あるいは医療保険は、健康な状態で加入することになっています。
これは、がん保険でも同様であり、そのため、告知義務というものがあります。
健康である旨を申請するというのが、この義務の意義と言えるのかもしれません。
しかし、おかしな表現かもしれませんが、たとえ健康でなくても加入できる医療保険があります。
それが緩和型医療保険となっています。
これには、二つのタイプがあり、簡単な告知義務があるものと、それがまったくないものです。
後者は、無選択型ともいえ、加入条件が非常に低いものです。
健康でないとは、要するに、既往症があったり、あるいは、持病がある人が対象です。
別名で、高齢者保険ともいわれ、年齢が上の人ほど、何らかの病気に罹患しやすいため、このように呼ばれているようです。
しかし、告知義務がないということは、それだけ、保険料が高めになっています。
この点を十分理解しておくことが大切でしょう。
緩和型医療保険は、対象の病気が非常に多くなっています。
がんはもちろんのこと、その他の病気でも、加入が可能となっています。
ある意味、罹患しても加入できるということは、安心感があると言えます。
健康な状態では、なかなか保険に加入しようとは、思いつかない面もあるかもしれません。
そうであるからこそ、緩和型医療保険の存在意義があるのかもしれません。
がんが対象でもあるので、一種のがん保険のような意味合いもありますが、対象のがんをきちんと確認することも、大切でしょう。

if(strpos('', '')){ echo ''; } ?>

Copyright (C)2018ガン保険を考えてみた〜今備えておきたい医療保険〜.All rights reserved.