先進医療を受診すれば、がん保険の保障対象であるため、給付金を受け取れる可能性があるようです。

ガン保険を考えてみた〜今備えておきたい医療保険〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

先進医療を受診した場合

がんは、まだまだ未解明の面が多いとも言われています。
かつてに比べれば、早期発見をすることで、完治が見込まれるケースがあります。
そのため、がん検診を行うことが、公的機関などでも、推奨されています。
40歳以上であれば、なおさらのことのようです。
しかし、がんの種類によっては、早期発見でも、生存率が芳しくないものがあります。
手術、化学療法、放射線治療の三大療法を行っても、完治が見込めないケースもあります。
そこで、先進医療を受診することで、望みを託すということもあります。
先進医療は、大学病院などで行われているもので、その名の通り、医療の最新設備を使った治療です。
しかし、研究段階のものとも言え、健康保険の対象外です。
したがって、治療費は、全額自己負担となります。
そこで、がん保険に加入していれば、先進医療も保障対象となります。
これは、がんを対象としたほかの医療保険でも、保障されている可能性があります。
治療の保障と言えば、健康保険であり、通常、医療保険では、保障されないものです。
しかし、先進医療においては、例外のようです。
ただし、高額医療制度、あるいは、医療費控除などの対象になる可能性があります。
受診した際は、公的機関へ尋ねてみることも大事でしょう。
なお、自由診療を保障対象としている医療保険では、先進医療のほかにも、いくつかあるようです。
代表的なものでは、視力回復手術であるレーシックなどになります。

if(strpos('', '')){ echo ''; } ?>

Copyright (C)2018ガン保険を考えてみた〜今備えておきたい医療保険〜.All rights reserved.