がんは、再発する可能性があり、がん保険でも、再発時の保障を盛り込んでいるものがあります。

ガン保険を考えてみた〜今備えておきたい医療保険〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

再発時ではどうか

がんという病気の特徴は、ある部位に発生しても、どこかの部位に転移し、再発を招くということです。
これは、がんが自己細胞が悪性化したことが原因であることも関係しているようです。
では、医療保険の一種である、がん保険では、再発した場合、どのようになるのでしょうか?
まず、保険は契約と言われています。
がん保険であっても、その点に変わりはなく、契約に基づいた保障がなされるようになっています。
したがって、再発時に保障が受けられるかどうかは、契約によりけりということでしょう。
仮にその規定がなければ、免責事項に該当する場合もあります。
また、保険は、一度利用すれば、それで終了となるものがあります。
これは、がん保険も含めた医療保険にも通じることですよ。
したがって、一度がんに罹患し、その時に加入していたがん保険を使ってしまえば、それ終了ということもありえます。
これも、商品などによって異なるため、契約事項をきちんと確認しておくことが大切です。
また、先でもお話しましたが、再発と言っても、同一部位ではない可能性があります。
仮に、がん保険で再発時の保障があるとしても、他部位に転移した場合は、保障対象外という可能性もあります。
したがって、そういう点も、加入時にしっかり確かめておくことが、大事でしょう。
ただし、がんは、独特の特徴のある病気です。
一般的ながん保険であれば、再発時の保障をしていることが、当たり前のようです。

if(strpos('', '')){ echo ''; } ?>

Copyright (C)2018ガン保険を考えてみた〜今備えておきたい医療保険〜.All rights reserved.