がんに罹患すれば、高額の治療費を支払う可能性があり、がんの種類でも異なるようです。

ガン保険を考えてみた〜今備えておきたい医療保険〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

治療費を理解する

病院で治療を受ければ、それだけ治療費が掛かります。
日本では、国民皆保険のスローガンの下、国民すべてが健康保険に加入していることになっています。
このため、治療費は、自己負担分のみの支払いであり、今では、現役世代であれば、3割負担となっています。
しかし、がんなどの大きな病気に罹患すれば、入院などになる可能性があり、もっと大きなお金が掛かります。
そこで、医療保険である、がん保険に加入しておけば、入院保障を受けられるため、もしもの際でも安心感があります。
一般的に、がんに掛かる治療費は、胃がんで30万円程度とのことです。
けれども、これはあくまで一般的な胃がんについての話であって、発生している部位などによっては、かなりのお金が掛かります。
もちろん、そうなれば、それだけお金が掛かり、高額なってしまいます。
がん保険に加入していれば、給付金によって、いくらかを賄うことができ、非常に有益であることは確かです。
しかし、がん保険が医療保険の一種である以上、給付金は、契約時に決定する一日の入院給付金を元に計算されます。
したがって、契約時での設定金額が重要になります。
平均では、概ね1万円程度のようですが、それ以上にすることも可能です。
ただし、その分、保険料が高くなることは、確かなことです。
なお、がんに罹患した場合、高額医療制度を申請することで、治療費を賄うこともできるようです。
あるいは、医療費控除があり、確定申告時に申請することで、所得税が還付される可能性があります。
サラリーマンであっても、確定申告時に申請するようになるため、高額の医療費を支払った場合は、申請することが望ましいでしょう。
けれども、年額10万円以上との規定があります。

if(strpos('', '')){ echo ''; } ?>

Copyright (C)2018ガン保険を考えてみた〜今備えておきたい医療保険〜.All rights reserved.